カテゴリー
スキンケア

ストレスでぼこぼこだった私の肌を救ってくれたコスメ

ちょうど30代の半ば頃、仕事とプライベートで思い悩むことが重なってしまった結果、ホルモンバランスの崩れから私の肌はニキビだらけでぼこぼこになってしまっていました。もともとニキビができやすい肌ではあったので、20代の頃にも一度ストレスでひどいニキビに悩まされたことがあり、かなりへこんでしまいました。皮肉なことに美容系の仕事についていることもあって、施術者の私の肌が汚いのは致命的で、何とか短期間で元の綺麗な肌に戻さなければならないという焦りが、さらなるストレスとなってニキビが出来るという悪循環で、大人ニキビに効くというものは手当たり次第に試しました。でも一向に改善されず、顔の下半分、つまり口の周りと首に大きな痛々しいニキビがぼこぼことできていく始末で、毎日泣きたい気分でした。美容の仕事についているので一応、一般人よりはこの大人ニキビに対する知識もあり、自分の知りうる対策を全て打ちましたが駄目で、最終的にはもはや美容皮膚科に助けてもらうしかないか、と腹をくくり始めたころ、たまたまネットで大人ニキビと検索していて見つけたオールインワンジェル、これが頑固な大人ニキビを見事に治してくれたのです。仕事柄スキンケアを一つのアイテムで済ますなんてずぼらだと思っていて、オールインワンゲルなんて駄目だと決めつけていたのですが、私のような大人ニキビに凄く効くといううたい文句に惹かれて、これが最後と試してみたところ、使い始めてすぐに赤くはれていた炎症ニキビが鎮静化したのには驚きました。バリア機能が低下し弱った肌に何度も触れることはタブーで、敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の方にこそオールインワンゲルが向いているということも、この時の経験で身につけたことです。そこそこ高いオールインワンゲルでしたが、本当にこれだけで肌が潤い、どんどん綺麗になり肌トーンも明るくなっていき、肌が綺麗になっていくことで自分の気持ちも余裕が生まれ、2か月ほどで元に戻ることが出来ました。

ピールショット

カテゴリー
スキンケア

お肌の悩みがつきない女性は必見!触りすぎ注意!

私は30代前半の女性です。
美容に関心があり、あらゆる皮膚科に通ってみたり、エステに行ったり、色んな化粧品を試してみたり、あらゆることを試してきました。
私のお肌の悩みは、吹き出物が出やすい肌、時期によって乾燥やべたつきがある混合肌で、過去のにきび跡から赤ら顔であることです。
今までの経験をもとに、これはやめた方がいいという事、これは続けていってもいいと思う事、これはやっていただきたいという事にわけてお伝えさせて頂きます。

●お肌トラブルに絶対NG!!
お肌トラブルがあると、トラブルの原因から治していこうとされるかと思います。でもその反面、毎日化粧をする中でトラブルの起きた部分を化粧で隠そうと
されている方も少なくないと思います。
それは絶対にNGです。
ふきでものができているところにコンシーラーを塗りたくったり、リキッドファンデーションをぬりたくったりすることは絶対NG!絶対に治りません。
しばらく我慢が必要ですが、ふきでものができた時は化粧を重ねない事から始めるといいと思います。

●フェイシャルエステは続けていいと思います。
月に2回、フェイシャルエステに行っておりますが、通い始めは硬かったお肌もエステに通うことでお肌がやわらかくなり、しわができにくいお肌になります。
痩身エステは痛い施術が多いですが、フェイシャルは気持ちよく、マッサージを受けるような癒し効果もありますので、継続して受けられます。
リンパの流れも流してもらえますので、リンパのつまりを流してもらってから運動もあわせて実施すると老廃物をしっかり流してリフレッシュができて効果があります。

●高級化粧品は不要!レーザー治療は効果抜群!
とっても美人で素敵な会社の先輩から良い皮膚科を教えてもらい、通い始めて数か月がたちましたが、今までの美容の中で一番効果的でした。
高級化粧品、スキンケアを百貨店に買いに行きリピートしておりましたが、皮膚科の先生と出会い、すべてを辞めました。
3種類のレーザーをあててもらい、基本的に吹き出物はレーザーで焼いてもらうことで治りが早くなりました。
皮膚科でもらう薬だけを顔にぬるようになり、定期的に化粧をする時間を減らし、リキッドファンデーションをやめ、パウダーファンデーションかパウダーのみにすることで
吹き出物もできなくなってきました。赤ら顔も治っていき、顔の美白、脱毛にもつながり、毛穴が小さくなりました。
毛穴が小さくなりきめ細やかな肌になったことはよく会う人にも指摘されるほど。
もう、高級な化粧品、スキンケア商品は必要ありません!
その分のコストは月1回のレーザー治療へ投入。自分自身への投資でもっともメリットのある施術だと実感しております。
レーザー、とてもおすすめです。

ジョモタン

カテゴリー
スキンケア

肌をキレイに見せたいならファンデーションよりUVクリームを買おう

20代女、混合肌です。乾燥するのにベタつくのが悩みでした。
朝どんなに丁寧に保湿をし、下地とファンデーションを塗って出かけても、昼頃にはもう肌がテカってしまう始末。Tゾーンだけでなくそこで少し高めのファンデーションを買ってみたり、ミネラルファンデーションにしてみたり「時間が経ってもベタつかない」ものを探すため、色々試すことに。
しかし効果は見られず、そのたびにお金が飛んでいくばかり。

もうこういう肌質なのだ、と半ば諦めていた折に発見がありました!
休日に楽をしようと思い、ファンデーションではなく以前サンプルで貰っていたUVクリームを塗り、ミネラルのフェイスパウダーをはたいただけで出かけてみました。
すると、それだけでも思っていたより肌がキレイに見えることにまず驚きました。
そしてさらに、昼を過ぎても肌がベタつかず、快適に過ごすことができたのです。夕方には少しテカリは出ましたが、それでもティッシュなどで軽くおさえるくらいで済みました。

ずっと様々なファンデーションの口コミ等まで調べて購入し、試してきた私にとっては目から鱗のような話でした。
ファンデーションで何とかしようとしていた肌のベタつきが、まさかそのファンデーションをやめることによって解決するなんて。
それ以来ファンデをやめ、UVクリームとフェイスパウダーのみのベースメイクを続けています。

続けてみて良かったことは主に3つ。
まずは上記の通り日中の肌のベタつきが解消されたこと。ずっと悩んでいたのが嘘みたいです。
朝に高めのUVクリームを塗り、昼頃に余裕があればスプレータイプの化粧水で保湿をして軽めの日焼け止めクリームを塗り直しています。
これで私は夕方まで快適に過ごせています。

次に使うお金が減ったことです。
ファンデーションは結構値段がしますし、私の場合たくさん試していたため、それが無くなり金銭的に少し楽になりました。
浮いたお金で少し良いUVクリームを買ってみたりしています。

最後に、何より肌の調子がどんどん良くなっていったことです。
テカリだけではなく、ニキビが出来ることも少なくなり、肌も柔らかくなったことを感じています。
ファンデーションを塗ることが悪いわけではありませんが、決して肌に良いと無条件に言えるものでもないのだと実感しました。

私と同じように日中の肌のベタつき、テカリに悩んでいる方、ぜひ一度ファンデーションを塗らずに街へ出掛けてみてはいかがでしょうか。

ジョモタン

カテゴリー
スキンケア

お金を掛ければいいってものじゃないと思う論!

季節関係無しに乾燥肌は乾燥するのが悲しいところ。私は水分量もやばいほどだったのですが続けるうちに改善してきたものを紹介します。
タイトルにあるようにお金を掛ければいいものを使えるのは当たり前ですが、それを継続させないと何も意味がありません。一回使い切ったから次は他のを、という使い方は肌のターンオーバーを考えても効果が分かりづらいです。どうせならターンオーバーを利用して、かつ低コストで長期的に実践していった方がいい!と思います。
乾燥肌は兎に角保湿が大事です。私が実践していることは、お風呂の最後に洗顔をする、そしてお風呂から出たらすぐに化粧水を付けます。安い化粧水でもいいのでコットンに含ませ5分程放置。顔だけではなく、化粧水が浸透するまでその間ボディクリームも済ませます。潤すことを優先にしているのでパックが終わったらもう一度化粧水を手に取り少し手の上で温めます。それを塗る時はハンドプッシュを行います。その後は美容液、乳液と普段されている手順でいいのですが、次々重ねるのではなく、きちんと浸透してから次の工程に移ってください。まだ化粧水が浸透しかけているのに上から乳液をしている、などはメイクすると差が出ます。ヨレやすくなるのでメイクで待っている時間が無い!というときは工程の間にティッシュオフを挟んでくださいね!
乾燥が酷い時には、導入水の代わりにオイルを先に塗って化粧水、という風にもしています。
これだけでも大分変りました。きちんとしているようで出来ていない、時間が無いというのもあると思います。
オイルの活用でオススメなのは、お風呂が終わり、濡れている状態でベビーオイルを全身に塗っています。そしてタオルでポンポンと拭いてお風呂から出るのですが楽です。楽だけどちゃんとしっとりします。最初にすぐオイルで蓋をしてあげて、その後はマッサージでご自身の好きなクリームを使って下さい。
お風呂を出てからマッサージまで意外と時間が経つし、その間身体は保湿されていない状態なのでお風呂場で済ませちゃうといいですよ!
顔だけじゃなく皮膚は一枚です。身体も一緒にケアしてあげた方が断然いいので、良かったら参考にしてみて下さい。

チークポアパッチ 解約

カテゴリー
スキンケア

喫煙を辞めて、たんぱく質をとる。健康的な生活に変えることで肌の見え方が変わる。

30代に差し掛かる頃、鏡で自分の顔を見た時に、「自分はこんなに血色の悪い顔をしていただろうか?」と思うようになりました。
20歳の頃から喫煙していた私は、食生活もいい加減でしたが、20代前半のうちは、特に肌トラブルを感じたことがなく、ドラッグストアで買える安い化粧水だけでスキンケアをしていました。
インドア派だったこともあると思いますが自分では色白な方にも見えて満足していて、多少の日差しのもとでは日焼け止めを塗ったり日傘をしたり、という日焼け対策をまったくしていませんでした。
そんな調子で20代後半も終わりに差し掛かる頃には、顔にシミらしきものができ、肌が黄ばみ、Tゾーンはオイリーだけど他は乾燥して粉をふいたりして、何より、喫煙といいかげんな食生活のせいか血色が悪くなってきたのです。
肌のこととは別に、喫煙は辞めたいと思っていましたが、ニコチンの中毒性に悩まされ、吸い終わってしばらくするとまた吸いたくなるというサイクルに完全に囚われていました。
喫煙を本当に辞めたいと思うようになっていた頃、あるきっかけがあって、一念発起、気持ちだけで喫煙を辞めました。
数週間は禁断症状が出ましたが、それを乗り越え、たばこがなくても生活ができるようになりました。
10年ぶりに肺がたばこなしで吸う空気は本当においしく、喫煙の思考から脳も解放されて、高かったタバコ代がまるまる手元に残るようになりました。
喫煙を辞めてしばらくした頃、家族から、「顔色が良くなったね!」と言われるようになりました。
それまでは顔が黄ばんで暗く見えたけど、頬が紅色になり、表情も柔らかくなったというのです。
自分でも、その変化は感じていて、それが喫煙を断ち切る大きな原動力にもなったと思います。
ただ、喫煙を辞めただけでは、できてしまったシミや黄ばんだ感じが劇的には改善しませんでしたし、顔色がよくなったと言っても体調がよい時だけで、普段はやっぱり結構顔色が暗いのでした。
その頃からスキンケアも、プチプラながら無添加系や天然素材のものを使うようになり、無頓着に安い化粧水を使っていた頃よりは肌の状態が良くなったように思いました。
日々の顔色が良い日が増えてきたと感じられるようになったのは、食生活を改善してからです。
喫煙を辞めても食生活はいい加減なままでした。休みの日は作るのが面倒で2食も抜いてしまったり、ジュースだけで済ませたりしていたのです。
私の食事に足りなかったのは、たんぱく質でした。
たんぱく質は血と肉を作るのに大切な栄養素です。
私の顔色が悪かったのは、貧血だったことが少なからずあったのです。
食事を考えるときは、まずたんぱく質から考え、野菜を足していく。
何か月もかかりましたが、食事を気を付けるようになって、体調がよい日が増えてきて、鏡で見る自分の顔の顔色がよく見えるようになりました。
外側からのスキンケアはもちろん大事だと思います。
でも、外側からだけでは限界があるのです。
喫煙を辞めて、たんぱく質をとる。
健康的な生活に変えることで肌の見え方が変わるのだと実感しました。

パーフェクトニードル 解約

カテゴリー
スキンケア

いつものケアに少しだけプラス!お金をかけないできれいな肌を目指そう!

高級なスキンケア商品がたくさんあり、もちろん効果バッチリのものもあると思いますが、お金をかけず、きれいな肌を保てたら嬉しいですよね。そこでお金をかけなくてもできるスキンケアの仕方をいくつか紹介したいと思います。まず、一つ目に化粧水は一度でなく、何度か重ねてつけるということです。今は安くて、大容量で、毎日たっぷり使える化粧水がたくさんあります。一度つけるだけでなく肌に染み込んだら、もう一度つける、というのを何回か繰り返すことでお肌の方ももっちりとしてきました。二つ目に洗顔やメイクを落とすときの水の温度に気をつけるということです。冷たい水や暑すぎるお湯ではなく、ぬるま湯で丁寧に行います。メイクや汚れが洗顔フォームやクレンジングとしっかり馴染んでくれるので、汚れがしっかりと落ちます。三つ目は朝の洗顔はシンプルにするということです。水だけや化粧水で油を少し拭き取るだけでも、朝はメイクが残っていたりしないので十分だそうです。四つ目は、化粧水やクリームを塗った後、手で一度顔を包み込んであげるということです。手の温度がちょうどいい温度なので、塗ったものがしっかりと肌に密着、浸透していきます。五つ目は、クリームは乾燥しやすいところは丁寧に塗るということです。ただ顔全体に広げるのではなく目元や口周りなどのシワができやすかったり、乾燥しやすいところは丁寧に肌に刷り込むようにして塗ります。もし乾燥しやすい人や、乾燥が気になる季節にはその部分だけ、重ね塗りをするといいかと思います。しかし薄くで大丈夫です。厚く塗ると、メイク崩れなどにもつながるし、薄くても十分です。また、乾燥が気になる時は、いつも使っているクリームでパックをするのもいいかと思います。少し厚めに塗り、しばらくしたら優しく拭き取ります。この時力を入れすぎないようにします。新しく、高級なスキンケア商品を買わなくても、いつも使っているもので一手間かけるだけできれいな肌への第一歩へ近づけます。

ナチュールシー 解約

カテゴリー
スキンケア

お悩みニキビ肌の方へ???高校?大学の7年間で劇的お肌改善をした2つの方法!

お肌の悩みといえば乾燥肌、オイリー肌、しみ・しわ、日焼け、、いろいろあるかと思いますが、思春期を経験した女子ならニキビ肌に一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。かく言う私も高校1年の頃からニキビが目立ちはじめ、ピークは高校3年生のころ、頬から顎にかけてニキビばかりの真っ赤な肌で過ごしていました。周りの目が辛くて勝手に落ち込んで、いつもマスクをして隠していました。そんな辛い日々ものちの大学4年間で行った2つの方法によって、劇的にお肌改善!今では生理前に1つニキビが気になるかどうかくらいまで改善することができたのです。ではその2つの方法を詳しくお伝えします。
1.早寝早起き
まずそんなことから?と思われてるかもしれませんが、洗顔やニキビクリーム、皮膚科や漢方などいろいろ試した中でも一番効果があったのは早寝早起きの生活習慣改善でした。それまでは学校へ行くギリギリまで寝て、夜は携帯を見ながら0時過ぎまで起きていることもしばしばだったのですが、毎朝6時に起きて夜は22時にはお布団に入るようにしたところ、みるみるうちにお肌が綺麗になったのでした。調べてみると、夜22時?2時の間はお肌を生まれ変わらせるための黄金タイムだということがわかりました。この時間にしっかり睡眠をとっていることで、お肌が生まれ変わり、徐々に肌質が改善されていったようです。高い化粧水なんて手が出ない、学生の頃には早寝早起きが一番効果のあることだと思います。
2.お水をたくさん飲む
これもまた、普通のことかと思われるでしょうが、お水をたくさん飲むことがお肌にとってとても効果があることだとわかりました。大学生の頃訪れたフランスで、フランス女性はたくさんのお水を普段から飲んでいることがわかり、また彼女たちはとてもお肌が綺麗でニキビとは無縁のようでした。そこから私もお水をたくさん飲むようになり、徐々に綺麗なお肌へと変わっていったのです。
早寝早起きに、お水をたくさん飲むこと。こんな簡単なことで?と思われるかもしれませんが、ぜひ試してみてください。1ヶ月後には必ず効果が現れます。

イーイキ 解約

カテゴリー
スキンケア

たのしく、生活習慣の改善から行いましょう。

スキンケアで大事なのは肌トラブルからセルフケア能力を学ぶということです。といった点で私が行ったスキンケアとしては体内からきれいにするということでした。まず22時から午前2時の間の肌のゴールデンタイムの時間はなるべく眠るということです。そのために行った点は朝起きて冷たい水や炭酸などではなくて白湯を飲むとと寝る前に白湯を飲むということです。温度はミルクの温度に設定しました。口の中も少しすきっりとしました。それに加えて体調も良くなったひとつです。白湯を飲む前後に青汁やヨーグルトとと言った乳酸菌を増やすものを少しとるということも行いました。すると体内環境も良くなったひとつで便秘の解消につながりました。便秘も良くなると肌あれも良くなりました。ダイエットのきっかけもなりました。この時期は桜を見ながらのウォーキングもいいようです。しかし新型コロナウィルスの影響でなかなか外に出るきっかけがなくなった人もいると思います。ジムや通勤さえできなくなったという話もよく聞きます。でも大丈夫です。意外と夜のゲームは良くないけれど、お昼のゲームは頭の体操にも体のリハビリにいいんです。スマホゲームではなくて、体を動かすゲーム機の方です。結構の汗をかいてもカロリー消費になりませんが。続ければ何もしないよりダイエットや体、体調のスキンケアに実は効果があるようなのです。私も友達のお家で動くゲーム機を使った後でと前ではかなりストレスが解消したことがあります。私のようにゲーム機がない方はヨガをヨガマットでするだけで違いますよ。スキンケアとは心と体の調和のひとつでもあるのですね。実感しました。あと汗をかいてときは私は今治タオルを使用します。お肌には良いタオルを使ってあげてください。そして洗顔はお肌になじむ洗顔を使っています。そのあとはパックをして化粧水と乳液をたっぷり付けます。目に入らないようにジワリと叩き込みます。お肌に浸透していくように丁寧にです。

リフィーユプラスプロ 解約

カテゴリー
スキンケア

花粉症でも楽になった!肌の不快感を押さえたい意外なものはコレ!

過去に皮膚トラブルがあり、さらに花粉症のアレルギーレベルがそこそこ高めの数値のため、マスクが当たって余計に皮膚がカサカサして悩んでいました。
しかし、ドラッグストアでビタミンDのサプリメントを飲むようになってから、花粉症のアレルギー反応が弱まってきて、かなり楽になりました。
マスクをつける回数が減ったためか、ヒリヒリしていたのも気にならなくなりました。
今はオールインワンだけで乗り切っています。

肌のいいのはビタミンCとばかりに思っていたので、アレルギー反応がビタミンDで落ち着いてきた結果、肌トラブルの率が減少するとは思いもよりませんでした。
盲点ですよね。ちなみに現在使っているのは普通にドラッグストアで売っている、よくあるビタミンDサプリメントです。
朝1錠飲むと4~5時間くらいでしょうか、花粉症によくある鼻水や強い目の痒み、くしゃみが少しずつ落ち着いています。
ずっと効果があるわけではないので、半日したら一錠追加で飲まないといけない感じです。
とはいえ、花粉症のシーズンにのみビタミンDサプリメントを数年間続けていますが、現在のところ全く副作用は出ておりません。
コストパフォーマンスもよく、もともとビタミンDサプリメントが安い部類であるがために、一日二錠飲んだところで月にせいぜい数百円、といったところなのです。
目安としてパッケージに「一日一錠まで」と書かれておりますので、そこは自己責任でお願いします。
しかし、花粉症のために様々な民間療法を試して随分お金を出費してきたので、この結果には満足しております。
個人差がありますので、万人向けかは分かりませんが、少なくとも私には効果がありました!

さて、肌トラブルが解消したことで、化粧ののりについて疑問になるでしょうが、あまり効果は変わらないと思います。
乾燥肌の効果改善などもありません。
ただ、体の中の免疫作用が強くなるので、花粉症のつらさが減った分の肌トラブルが減るというだけです。
過度の期待はしないで、もっと美しくなりたい人は素直に化粧品の威力に頼った方がいいと思います。
しかしながら皮膚の不快感が減ったのは事実ですので、悩んでいる方は一度試してみてはいかがでしょうか。
花粉症による様々なトラブルで悩んでいた過去の自分に教えてあげたいです。

ネオちゅらびはだ 解約